蛸崎の日

日記を書きます

努力は才能である

どうも蛸崎(たこさき)です。
眠いです。

学校で「5月の振り返り」なるものを書かされました。

学習面
・良かったところ
 授業に興味を持って聞けた。
・その理由
 新しいことを学ぶのは楽しいから。

・改善しなければならないこと
 家庭学習ができなかった。
・その理由
 新しいことを学ぶのは好きだが勉強はきらい。
・改善点
 単純作業に耐えうる強い心を持つ

こんな感じで書きました。
これを読んでいる人にもこんな感じの人がいるんじゃないでしょうか。

私は「努力は才能」だと思っています。
私もスイッチが入れば勉強はできるのですが、努力できる人はそのスイッチがいとも簡単に入ってしまいます。
スイッチを入れるまでの時間が短いのは才能です。

何が楽しくて机に向かわなくてはいけないんでしょうか。
授業で新しい話を聞けるわけでもないのに。

ずっとNHK教育みたいな番組を見て学べるなら、それが一番だと思ってしまいます。
実際机上で学べないことは多くあります。
なぜ教科書に載っていないことの方が、楽しくて必要な知識なんでしょう。

もっと先生には「なぜ?」に寄り添ってもらいたいものです。
「疑問を持つことは大事だ」と言いながら疑問に答えない先生に、一番の疑問を持つのです。