蛸崎の日

日記を書きます

拝啓、未来の読者へ。

どうも蛸崎(たこさき)です。

さっき見たら投稿数が8になっていました。
おそらく一日一回記事をあげているので蛸崎の日が一週間を超えました。ありがとうございます。

ここで疑問なのはこの「ありがとう」は誰に対してのありがとうなのか。このはてなブログは閲覧数などが見られるのですが、未だ0です。

なのでこの「ありがとう」は虚空へと投げかけられています。わたしは誰に感謝を伝えているのでしょうか。

それはあなたです。私からすれば未来のあなた。
過去からのありがとうを受け取っているのは現在のあなた。

言葉のタイムカプセルは一生残るインターネットだからこそできるのかもしれません。

もし人類が滅亡してしまったら新人類はインターネットにアクセスできるのでしょうか?
永遠に誰も知らないまま蛸崎の日は続くのかもしれません。